プロの仕事には、なんでもアシスタントが必要となってきます。料理研究家でも同じことが言えます。料理研究家になりたいと思っている人は、まずアシスタントを目指そうと考えてみてはどうでしょう。料理研究家は沢山います。また、そのアシスタントなら比較的に簡単になれるのではないかと思います。そう考えるからでしょうね。ですから、料理研究家が自分のブログでアシスタント募集をしていることもあります。

もちろん、アシスタントには、ある程度の料理の技術力が必要です。また求められます。専門的な知識も必要となります。そんなことで料理学校を卒業している事が最低条件になるかもしれませんね。アシスタントから料理研究家になろうと考えている人は、料理に関することを知っておかなければなりませんよ。レパートリーは多すぎて悪いことはありません。(笑顔)料理学校を経由し料理研究家のアシスタントの話が来ることもあります。料理教室を開いている料理研究家の先生は忙しいと思います。

アシスタントがいないと、教室が上手く回らないからですね。そこら辺の事は、多くのブログを見ると分かります。あなたが料理研究家を目指しているのなら、その第一段階にアシスタントは有意義なものとなる事と思います。もちろん、自分自身の夢をしっかりと持ってください。(笑顔)