投資信託ってどんなもの?

日本国内の企業の株取引だけでなく、最近では投資信託(ファンド)を行う投資家が増えてきました。
むしろ、最近のオンライントレードではこの投資信託のほうが主流です。
投資信託とは投資家から徴収したお金を販売会社(ネット証券)がまとめ、何十万から何百万もの株式や債権をやりとりする金融商品のことを言います。
各個人の投資は1万円程度から可能なので、少額からチャレンジできるのが一番の魅力だと言えるでしょう。
個人投資では購入を迷ってしまうような銘柄でも、比較的気軽に購入することができます。
銘柄の選択肢だけではなく、海外の債権に投資できるファンドもあり、購入できる幅が広いというメリットもあります。
また、いつ売買するかなどの運用は運用会社が行います。
ネット証券手数料比較!初心者おすすめランキング【口座開設】