行政書士試験とはどんなもの?

行政書士の試験は法律部門と教養部門に分かれます。
実際、難しいのは教養部門ですかね。
法律部門については、行政訴訟法、行政不服審査法、行政手続法を何度も読んだり、民法をしっかり読むということですかね。
記述については、両者をきちんと要件効果に分けて頭に入れれば足ります。
それで、自分は本試験では記述においては満点でしたね。
民法上の正当防衛の要件と金銭債務の特則について学びました。
 教養部門については、情報関連法令と国語の読解を先に解いていました。
これらは毎回出ますし、他の問題よりは対処しやすいわけです。
個人情報保護法や情報公開法などは今後注目されるところでもあり、勉強にはなりましたね。
国語はよく読めばできます。
試験が始まったらまず教養部門から解くようにしていました。